Infomation/お知らせ

2021.11.9   NEW!!インフルエンザ予防接種のお知らせ
令和3年度のインフルエンザワクチンを入荷いたしました。
ご予約はお電話、またはLINEにて承っております。
ワクチンの数には限りがありますので、ご希望の患者様はお早めのご連絡をお願い致します。

自費
1回接種 5,500円(税込)
2021.11.1   NEW!!年末年始のお知らせ
12月28日は前半帯のみの診療となります。
(最終受付15:45まで)
12月28日後半帯・12月29日〜1月5日は年末年始のため休診とさせていただきます。

1月6日より通常通り診療いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
2021.11.1   NEW!!11月・12月の診療時間変更のお知らせ
□11月1日(月)休診
□11月8日(月)休診
□11月30日(火)前半休診
□12月3日(金)前半休診
□12月28日(火)※後半休診 前半のみ診療いたします

※土日祝日は、休診日となっております。
※なお、現在は上記日程以外は通常通り診療を行っております。ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。
2021.11.26   NEW!!メディカルエステ予約状況
□11月29(月)
13:00~15:00☆お電話又はLINEでお問い合わせください
17:00~19:00☆お電話又はLINEでお問い合わせください

□11月30日(火)
13:00~15:00☆前半休診
17:00~19:00☆お電話又はLINEでお問い合わせください

□12月1日(水)
13:00~15:00☆全施術可能
17:00~19:00☆全施術可能

□12月2日(木)
13:00~15:00☆全施術可能
17:00~19:00☆お電話又はLINEでお問い合わせください

□12月3日(金)
13:00~15:00☆前半休診
17:00~19:00☆お電話又はLINEでお問い合わせください

11月は当院1番人気のライムライトがオトク♪
全顔ライム¥33,000のところキャンペーン価格¥26,400!美肌パックと麻酔クリーム付。
ご予約はお電話またはLINEメッセージでお問い合わせくださいませ♫
11月中のご予約で12月までキャンペーン価格の適応になります(*^-^*)
2021.1.8   【緊急事態宣言発令後に当院を受診される患者様へのおねがい】
緊急事態宣言発令後も、当院は皮膚科慢性疾患などにより定期受診が必要な患者様がいらっしゃるため、通常通り診察を行ってまいります。
患者様に安心して受診して頂けるように、以下の内容にご協力お願い致します。

①受付又または入口に設置しているアルコール消毒にご協力をお願い致します。
(アルコールが苦手な方に、アルコールフリーの消毒もご用意しております。)

②受付の際に検温のご協力をお願い致します。

③当院では新型コロナウイルス感染症の検査・診断・治療はできません。

④下記に該当する方は、当院をはじめとする一般医療機関ではなく、東京都・厚生労働省の指定の窓口にご相談の上、適切な医療機関への受診をお願い致します。

 ・感染が疑われる症状(37.5 度以上の発熱が続く、呼吸器症状、倦怠感など)がある⽅
 ・周囲に新型コロナウイルス感染症に罹患した人がいる方(濃厚接触者に該当する方)
 ・流行国から帰国後14日以内の方

⑤受診が困難な患者様は、「電話再診」や「オンライン診療」もご案内可能です。
詳細は、LINEメッセージにてお問い合わせください。

今後も皆様が安心して受診できるよう努めてまいります。
2020.7.1   レジ袋有料化のお知らせ
環境保全のため、これまで商品購入の方にお渡ししていた袋を有料とさせて頂いております。
ご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。
2019.10.17   血液検査を御希望の患者様へ
秋~冬の〝夜間診療の時間帯”に、血液検査(アレルギー検査のみ)が可能になりました。
血液の衛生度を保つため、【前半13:00~15:45、後半17:00~18:45】の時間までに受付をお願いします。

検査ご希望の方は、ご相談くださいませ。
2019.10.1   10月消費税増税における料金表変更のお知らせ
10月からの消費税増税に伴い、当院の料金表内容も変更となっております。
こちらからご確認ください
2014.5.15   注射をご希望の患者様へ
「プラセンタ注射」、「にんにく注射」のみをご希望の患者様は初診・再診ともに予約優先となっております。

受付またはお電話またはLINEにてご予約をお願い致します。

“ご予約なし”および“保険診療も受診”の方は、受付順にお呼びしますのでご了承ください。

また、再診の場合、受付にて注射の種類と量をお知らせください。
2013.6.26   新規開院!
平成25年8月26日(月)開院致しました。
神谷町スキンケアクリニックです。

メディア取材実績 雑誌『andGIRL』に厳選クリニックとして紹介されました!

エンビロンメンバーズサイト ログイン

Dermatology/皮膚科

一般皮膚科について

皮膚のかゆみ、肌荒れ、にきび、湿疹、帯状疱疹、単純ヘルペス、水虫、爪水虫、いぼ、水いぼ、とびひ、タコ、魚の目など一般皮膚科診療を行っております。

皮膚のかゆみ・湿疹

湿疹はありふれた疾患ですが、夏は汗・冬は乾燥によるものが多く、また湿疹と似た症状でも実はかぶれ(接触皮膚炎)や虫刺され、帯状疱疹の初期のこともあります。

治療は発疹のある場所と程度にふさわしい炎症止め(痒み止め)の軟膏や内服薬を使用します。


肌荒れ

空気の乾燥、生活環境の変化や乱れなど、原因は様々です。一時的な刺激に対し、肌の感受性が高まり、かさつき、ひりつき、かゆみなどの皮膚症状を起こしている状態です。

診断により、治療には軟膏や内服薬を使用します。

にきび

若い方のにきびは成長に伴うホルモンと皮膚の変化で起こることが多いです。
成人のにきびは疲労・睡眠不足、また女性の場合は生理周期との関わりで起こることがあります。
にきびの正しい知識を持つことが治療と今後のにきび減少につながります。
特に睡眠や洗顔などの指導が大切だと考えております。
ビタミン剤や抗生物質、塗り薬を処方することが多いですが、経過を見ながら治療を行います。

にきび跡

にきび跡には、炎症をおこし皮膚が凹んでしまう状態や、黒ずみ、赤みが残る赤ら顔、色素沈着などがあります。
色素沈着やクレーターなど、患者様のお肌の状態にあわせて、ケミカルピーリングや光治療による肌のターンオーバー促進などで治療を行っております。

毛穴開き

毛穴とはそもそも毛根を包む組織のことで、医療用語では「毛包(もうほう)」とも呼ばれています。特に頭や顔の部分に毛穴が多く存在しているので、皮脂腺が多く、顔に表れる皮脂によって肌の水分の蒸発を防ぐ働きや、お肌を弱酸性に保ち病原菌から守る役割を果たします。
しかし、この皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が開き、それにより汚れが溜まりやすくなります。そして、この毛穴に溜まってしまった汚れは角栓となります。
これが酸化することによりお肌の黒ずみの原因となります。


帯状疱疹

帯状疱疹は神経に沿って、帯状に疱疹(ブツブツ)ができ、その場所に強いピリピリとした痛みが起る病気です。
原因は、水痘・帯状疱疹ウィルスで、健康な人でも体内に潜んでいて、過労、睡眠不足、風邪などで体力が弱った際に、ウィルスが活性化されて発病すると考えられています。 身体中どこでも起こりますが、主に胸や背中、ひたいなどに発症します。

単純ヘルペス

原因はヘルペスウィルスというウィルスが、皮膚や粘膜に感染して発症します。
帯状疱疹と同じく、普段ひそんでいるウィルスが体力の弱った際に活性化します。
症状ははじめに、くちびるや口の周りが赤くなり、数日後小さな水ぶくれができます。
それにともない、ムズムズとしたかゆみや、皮膚のほてり、ピリピリとした痛みを感じることもあります。水ぶくれは2週間くらいでかさぶたになり自然と治っていきます。

水虫・爪水虫

水虫は、白癬菌というカビの一種が原因でおこります。このカビは湿った環境を好むので、バスマットやスリッパ、プール、温泉などでうつることが多いようです

水虫と診断されたら、皮膚だけであれば外用薬で、爪にも入っている場合は内服薬での治療が効果を表します。
ただ、かゆみが収まり、治ったと思って途中で治療をやめてしまうと、再発の可能性が高くなります、自己判断をせず少なくとも3ヵ月以上は治療を継続することが大切です。


円形脱毛症

頭髪は1日に50~100本程度が自然に脱落しますが、これ以上抜けることを脱毛症と言います。 円形脱毛症は、円形の境目がはっきりした脱毛斑が発生し、拡大していく症状を言い、誰もが発症する可能性を持っています。そのほとんどが先行する病変がなく突然、円形ないし楕円形の脱毛巣を生じます。

重症例ではすべての頭髪が脱落するものから、体毛まで脱落してしまうものもあります。 原因は精神的ストレスが深く関与していると言われますが、ストレス以外にも自己免疫疾患、甲状腺疾患、アトピー性皮膚炎などに合併して発症することもあります。

治療は、ステロイド外用や局所注射、冷凍療法、局所免疫療法などがありますが、重症例にはステロイド内服を行うこともあります。


いぼ・水いぼ

いぼは、医学用語では疣贅(ゆうぜい)と呼ばれていて、いくつかの種類があります。
大きく分けると、ウィルスが原因でできるウィルス性のいぼと、紫外線の影響や遺伝的要因などによる皮膚の老化現象によってできるウィルス性ではないいぼとに分かれます。
尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と呼ばれている、手足の指や足の裏、肘、膝などにできるいぼは殆どウィルス性のものです。みずいぼは特に夏にお子様にできやすい病気です。かゆみを伴うことがありますので、少量でしたら除去することをお勧めします。
老人性のいぼはレーザー治療で、ウイルス性のいぼは内服薬や液体窒素療法で治療を行います。

とびひ

とびひは、黄色ブドウ球菌や化膿連鎖球菌が皮膚に感染して発症する病気です。
これらの感染によって、体に水疱(水ぶくれ)、膿疱(膿を含んだ水ぶくれ)ができ、それらが破れてびらん(皮膚がすりむけた状態)になります。
また、次から次に発症を繰り返すのも特徴です。治療は主に内服薬治療と外用薬を併用して行います。

タコ・魚の目(うおのめ)

タコとは、皮膚の角質が肥厚した状態を指します。
うおのめは足の裏の指や足の外側、上側にできるできもので過度な体重圧迫が原因でできてしまいます。しばしばタコと間違われる症状ですが、タコとの違いは痛みの有無です。
うおのめは内側の皮膚が増殖し、内部には芯があります。また内側に出来ることによって神経を圧迫してしまい痛みが生じてきます。一方タコは外側に発症し芯はありません。
うおのめは男性よりハイヒールやミュールなどで足を圧迫し一部に体重をかけがちな女性に多く見られます。


  • HOME
  • 年間情報
  • 当院の特徴
  • 初めての方へ
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 診療時間
  • アクセス
  • Q&A
  • 皮膚科
  • アレルギー科 
  • 美容皮膚科
  • 自費診療料金表
  • Page Top